続 タンマン炉はタンマンさんが創った
最早不定期日記ですらない 只の落書き
ページ移動



プロフィール

元恋愛大臣

Author:元恋愛大臣
心の中を
見抜いてほしい



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きっかけ
ん?と思ったのは、会場で歌を聴いた時。
たしか、リゾナントLIVEでの一幕。曲名はタンタンターン!
既に輝く星の両隣に、青と黄の小さな光が綺麗な歌声を響かせていた。
好ましい二人の歌声。
特に黄色い子いいな。なんて子だろう。

あの時があったから真野→スマイレージに至るエッグ系にすんなり興味が持てたのかも。
ある意味、更にDD化が進むようになった一因。
そう、

きっかけはYOU!
きっかけはYOU

最初から気になっていましたが、以前のアレとCMを見たことで俄然やる気になり見に行ってました。
随分前に公開終了してる映画ですが、そんな事は気にしませんw

感想を一言で言うと、かなり楽しめました!
もう少し抑揚があっても良かったと思いますが、ベタ映画好きとしては好感触。
そしてクライマックスが生出演という試みもタレントの売り出し演出として、上手いと思います。

主人公である少女「吉川友」は有名アイドルグループのオーディションを受けるも落選し研修生として残り下積みを続けていた。下積みで共にした仲間がデビューしたり卒業したり、一人また一人と転機を迎える中で容赦なく時が過ぎていく。
一方、バカ正直すぎるが故に、見初めたタレントを花咲かせることが出来ないマネージャーが居た。そのマネージャーは少女の才能に惚れ込み、少女に大きな転機が訪れた。

一人の少女がタレントとしてデビューする。
デビューする少女と、デビューして花咲かせるためにはどのように仕掛けたらいいか苦悩する大人達をドキュメンタリータッチで描いた作品。
元々吉川デビューが決まった際、デビューまでの道のりを見せていたweb番組「きっかちゃんねる」というのがあったのですが、そのweb番組内容に骨を通し、肉を付けていく形で仕上げた感じですね。webではブツ斬りだった展開が映画で繋がります。

吉川のバックボーンが実際の履歴そのものなので、ハロプロファンはリアリティを感じつつ、思わずにやけてしまう言葉やコミカルなシーンが鏤められています。
ハロープロジェクト、モーニング娘。、真野恵里菜など単語はガンガン出てくるし、きっかちゃんねるそのままにぱすぽ☆も出演しています。
かといってそういった専用映画という感じでも無いですね。
デビューする人、させたい人、プロデュースする人、売りたい人の間で、真実と虚像の葛藤が渦巻くという分かりやすい展開で進むので、予備知識無くてもすんなり見る事ができると思います。
ドキュメンタリという形式がいいのか、俳優の方々の演技は吉川含めて自然で、所謂アイドル映画という臭いがあまり無いのもいいです。

タレントのデビュー系映画では「ザ・オーディション」が好きなのですが、「きっかけはYOU!」の方がストレートで分かりやすい分、プロモーションとしては優秀と思います。

実際当然の事だし、ましてや映画の中とは言え、
「通り一遍の売り方で売れるほど、彼女には商品価値が無かったって事なんですよ。」
商品価値
「吉川友なんて誰も知らないだろ!」
という台詞はファンとして強烈だし、これも映画の中の話ですが
売れるためにファンを偽れという命令に、信念を曲げずに涙を流し拒絶するシーンは、グっときます。
ベタシーン最高です!

短いながらもラストに向けて話をちゃんと積み上げ、そしてクライマックスのライブは目の前で生出演という演出は素直に嬉しく、応援したくなる。
ただ、当日は風邪引いてたのか声がガラガラ。歌どころか喋りすらままならないのが超残念でした。
しかし、吉川の演技力にはびっくり。
正直な話、きっかちゃんねるの涙や表情は全てマジと思ってましたw
パンフレットには、「実話に基づいた演技とはいえ全てが演技かどうかは・・」という感じで書いてはいたものの、いや大したモンだと思います。

集客は万全とは言えませんでしたが、最後のミニライブも含めてかなり楽しめました。
この映画が正にきっかけになった人、居るんじゃないかなと思います。


映画の後、ミニライブがありました。
サイリウムを持ち、コールしたりで普通に応援w
MCで「きっかけはYOU」ウイークリー9位ありがとうという挨拶。
声が可哀相でしたが、歌った曲は
・さよなら涙
・CANDY POP
チケット半券からお客にプレゼントくじ引き。
当たるとステージに行き、まるで卒業証書授与のように吉川から受け取るw
・新曲(題名忘れた 爽やか系)
終わりの挨拶してサプライズ。
千秋楽とのことでスタッフから花束。
おれ達全力きっかコール。
後ろにしばらく向いた後、振り返った吉川の涙が綺麗だった。
MCで感激と感謝の意を述べ「声が万全の状態で、大阪に絶対に来るから、また来て下さい」と挨拶。
最後は前日からの予告で一本締めで終了。

歌が残念でしたが、吉川のサバサバと飄々としたトークが面白く、また感激する姿が可愛らしく美しく、良かったです。
ちょっと集客が少なかったのも残念かな。

もしかしたら、この優秀なプロモーション映画自体を宣伝するのが遅かったのではないか。
たまたま見てないだけかもしれませんが、そう思いました。
ライブ会場である日からCMが流れてましたが、アレで知り、見たくなったというすっぺしゃるな人も居ます。
ビラ配りもすごく良かったのですが、映画を面白そうと思わせるには動画を見せるのが一番です。
あんな素晴らしい作りのCMがあったのなら、もっと早めに流しておけばもっと集客できたのではと思います。ネットは便利ですが検索しないと出てこないようじゃ、宣伝効果は薄いですしね。

そして、
グッズのリップクリームが売ってなかった事が残念!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://steely.blog24.fc2.com/tb.php/702-41225904



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。