続 タンマン炉はタンマンさんが創った
最早不定期日記ですらない 只の落書き
ページ移動



プロフィール

元恋愛大臣

Author:元恋愛大臣
心の中を
見抜いてほしい



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スクープ・・なのか
新鮮情報とはほど遠いですがw

Berryz工房 DVDマガジンvol.26
ベリDVDマガ16
「週刊 Berryzタイムス」よろしく菅谷が新聞記者となり、他のメンバーが「逃○中」に似たゲームを行って、制限時間内に記者に捕まったら恥ずかしいネタを暴露しなけれればならないという企画。
大好物の屋外ロケで企画としては上々で最後まで楽しく拝見したのですが、ルールがあまり厳しくなく、期待が大きかっただけに若干肩すかしを食らった感じでした。
が、メンバーリアクションが色々と楽しめるので、ダラダラ見るには丁度良い仕上がりだと思います。

菅谷記者
菅谷記者が手下の記者を使いBerryzメンバーのスクープを集める。
各メンバー事にゲームは実施され、制限時間内に黒服に捕まらないようミッションをこなしながら逃げる。捕まれば恥ずかしいネタを披露、逃げ切ればご褒美を貰える。
メンバーが黒服の記者から逃げ惑う様は正に(スケールダウンした)「○走中」w
指令を受ける熊井ちゃん待ち受ける記者たち
指令を受けるメンバー         追いかける記者達
記者に指示し追い詰める追い詰める
記者に指示を送りメンバーで遊ぶ追い詰める菅谷
逃げ隠れ
メンバーは逃げ             隠れ
ミッションをこなしパニクり
ミッションをこなし           パニクリ
捕まりネタを披露する
捕まり                 ネタを披露する

基本みんなこの繰り返しですw
しかし各メンバーのリアクションは繰り返しじゃないので、飽きることはありません。

逃げる佐紀ちゃん泳がされる佐紀ちゃん
全力で逃げ捕まりかけてまた泳がされ逃げ惑う清水
ビビル茉麻暴露されて大慌ての須藤
ゲーム中もいいけど須藤は暴露時が面白かった
走り方が少年のようで素敵やんちゃな夏焼
夏焼は何しろやんちゃな動きが可愛いのとミッションがw

熊井ちゃんはとにかく五月蠅い濁音が付く
熊井はとにかくうるさい        濁音で叫ぶ
逃げるというか迷ってるという奇跡
逃げて迷って指令に聞くとか前代未聞

嗣永はもう単なるネタ大会
大ピンチの桃子許してニャン
絶体絶命のピンチ           許してニャン       
ポワワンドドーン!
ポワワ~ン              ドドーン
って何これ

そんな中、最も企画に沿った活躍をしたのが徳永
音にも敏感な徳永勇敢な徳永
表情も良く逃げる   記者に追いつかれても勇敢に戦う
いやぁ言いまくり全力を出し切った千奈美
いやぁ!言いまくり  結局負けるも全力を出し切った徳永
全員参加ならメンバーを助けに来る徳永とか見えたかもしれない。
嗣永メンバーが捕まり、助けようと奮闘する徳永とか見たかったです。

結局スクープ(恥ずかしい暴露)は全員言うのですが、特にビックリするような事は無い・・かな
清水スクープ桃子スクープ
ちょっといい話の清水。嗣永は誰にも見せたことのないおでこを家では全開してると言うが、昔の写真集で見事な富士額を見せていた気が。
千奈美のスクープ茉麻のスクープ
徳永は納得というか別に驚かないなw 須藤の母依存はラジオで聞いた気がする。
雅ちゃんのスクープ熊井ちゃんのスクープ
唯一の勝者である夏焼もネタを話す。オレ的には意外と納得の話。
そして熊井ちゃんのは今更な話w
最後にオマケ映像として本DVDのメイキングが収録されてました。
緊張感有る映像カットされた映像類
真剣な表情や思わず笑みの出る逃走中の未公開シーンから
悔しさを表す茉麻ケーキを食べてしまう熊井ちゃん
終わった後の裏側まを見る事が出来ます

実はこのメイキングで本DVD一番のスクープ、スクープ? 衝撃映像を見る事ができます。
衝撃の折り紙ww驚愕の折り紙
夏焼雅さんがミッション時に夢中で作った折り紙
折り紙?
確か「鶴」を折ってました。孵化前の鶴の雛だとしたら、なんとなくそう見えないことも無いですが、どちらにしろかなり前衛的な作品には違いないですw。


DVDの感想としては、なんだかんだで楽しめたもののゲームルール自体が緩くなんかが足りない感じ。できるなら逃走○のようにメンバー一斉にするか、グループ別で対抗戦した方が面白くなった気がします。指示により遊ぶ事を目的とするならもっと徹底して遊んだ方が良かったんですが、TVタレントでもないんだし菅谷にそこまで求めるのは酷でしょう。
せっかくの外ロケ企画だったので、辛口評価。色々と勿体ない気がしました。
しかし、走り、ビビリ、笑い、そして喋るというメンバーの豊富なリアクションが見る事が出来たのは何事にも代え難い情報なので、やっぱり、OKとします。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://steely.blog24.fc2.com/tb.php/708-ba917c02



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。