続 タンマン炉はタンマンさんが創った
最早不定期日記ですらない 只の落書き
ページ移動



プロフィール

元恋愛大臣

Author:元恋愛大臣
心の中を
見抜いてほしい



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


良くできた話 なんだけど
順調に進んでいるケンタッキー男のダイエット。
事が順調だと晴れ晴れとするのは必然のことで、好みのエンタメ映画を見に行きました。

SUPER 8
super8.jpg

個人的には「スカイライン」を熱烈希望していたのですが、上映していないとかw
「いい加減上映しない映画の番宣を予告上映するのは辞めれw」と思いつつ、次に見るならコレと思っていたのですんなりとチョイス。
その題名が示すように、八人の超人達が世界を救う話ではなく、「わかり合う事」をテーマとしたアメリカンな王道エンタメ映画です。

過去に事故で母親を亡くした少年、愛する妻を亡くしたが街を守るために保安官の仕事を厳格に続ける父親。母親が死んでから時は経ち、時代背景は30年ぐらい前のアメリカ。少年は趣味の特撮8ミリ映画作りに仲間と没頭していた。ある時に母親が亡くなった事故から運良く逃れた父親とその娘である少女が仲間になり、父親とすれ違いながらも映画祭「SUPER8」の作品作りに夢中になっていたが、大きな列車事故が目の前で起こり、軍隊の極秘事項に遭遇してしまう。街全体と軍隊を巻き込み事態が大きく変動する中で、二組の家族を中心に話は進む。

大きな事件を通じて多感な時期の心情、友情、淡い恋心、そして家族の和解、異性物とのコンタクトとSF要素を取り込んだ王道のエンタメ映画。
なんですが、その事件の内容と中盤の展開がクリーチャーのパニック映画そのものなので、流れ的に微妙な違和感を感じてしまいました。

列車事故に代表されるように、映像はものすごい迫力で、話も最後に爽快感があって楽しめました。
でも、なんか色々なエンタメ要素を詰め込みすぎて、面白いけど、ちょっと中途半端な感じになったのは否めないです
欲張りすぎる駄目なのかな。
ET的な純粋異種コンタクトや東8番街の奇跡的な感動系だったら、もっとすんなり見る事が出来たかもしれません。でもそれだと逆に普通すぎか。

この映画も期待が大きかったのでちょっと肩すかしでしたが、エンディングで主人公達が作ったSUPER8向けの8ミリ映画がとても素敵なのでOKとします。

ケンタッキー男のダイエットも食べても確かに痩せてるので、「良いことづくめだな」と言うと「このダイエットは要するにプリン体を摂取してわざと栄養バランスを崩している。続けると糖尿になってしまうので極論は体に悪いんだ。」との話でした。
やっぱり、いかなる事も欲張りすぎるのは駄目なんですね。
アレもコレもとチョイスノンノン!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://steely.blog24.fc2.com/tb.php/729-10e88590



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。