続 タンマン炉はタンマンさんが創った
最早不定期日記ですらない 只の落書き
ページ移動



プロフィール

元恋愛大臣

Author:元恋愛大臣
心の中を
見抜いてほしい



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続きますが
最近見た公演やこれからのイベントの予想を元に、モベキマスそれぞれについて思った事をとらつらと。続き。

続いては、
Berryz工房
直近の参加公演が「ゲキハロ 戦国自衛隊」だったので、その印象から。(概要は一番下に)
ゲキハロを見て思ったのは、メンバーの演技力が、また更に上達していた事に驚きました。当然のことですが与えられた仕事に対して真面目に取り組んでいた裏の努力が見て取れるようでした。
あの表現力が本来のステージに上手く転換できれば、ライブでの盛り上がりが命のBerryz工房として面白い武器になる気がします。

メディア露出では嗣永が頑張ったり須藤が女優を目指していたり、多方面に頑張ってますが、ベリは今踏ん張りどころでしょう。やっぱり本業は歌って踊るアイドルグループと思ってます。
今のベリの大人路線での微妙なトーンダウンは、一時の娘となんか姿が被ります。
私も娘の曲は嫌いじゃないけどイメージリーダーに合わせて連続する大人楽曲の娘に少し辟易してた時期がありました。娘ではその路線を一つの味にし、私はある時期から大好きになりました。
Berryzはどうでしょう。箱の色が強すぎるのもあり、なんとなくある今のモヤモヤした気持ちが晴れるのは、もっと時間が必要なんでしょう。大胆なヴォーカル固定とかやってみるのもアリと思ったりします。
ベリに対しては雄叫びハウスで自分的な達成感があり、昨今の諸事情も手伝って、正直なところ私のベリ熱は昔ほどじゃなくなってるのですが、やっぱりそれって楽曲の影響が大きいです。
そんな状況ですが、とりあえず今度の合コンでどのように私の目に映るかは楽しみの一つです。


℃-ute
℃も同様にゲキハロの印象からですが、ベリと同様に演技の上達に驚きました。マイマイさんは自分的にマイナスポイントですけどw あまり重複する話もアレなので、ゲキハロ話は割愛。

自分的に℃-uteは一時どうなるんだろう位になった(SHOCK~キャンパスの時)と思ったのですが、Danceでバコーン!で大復活しました。この曲を聞きたいが為にコンサに行ってもいいくらい。メジャー第二期の代表ソングと言っても過言ではない。んでその後に続く歌もいい。Kiss meとかめっちゃくちゃいい。これはメンバーの歌とダンスのレベルアップは元より、踊ってみたを含めてヴォーカル岡井ちゃんの躍進も確実に影響していると思います。
℃-uteは、これまでの曲に加えてカッコイイとかセクシー路線も結構こなすことができるようになったのが強みですね。昨今の諸事情により一時期より熱が下がりましたが、最近でも個人的に好きな曲が多いので、それでもライブが超楽しいです。
女優として経験を積む矢島、中島。中島はなぜかバラエティ的な所にも出てきたし、℃でも活躍の場が広がってますが、やっぱりライブでの℃-uteが一番輝いてると思うので、そこを一番にして活動して欲しいです。
合コンでの姿が楽しみというか、ダンバコが楽しみですw


グダグダと更に続きます

(↓ 10/1,2 ゲキハロ概要)
劇団ゲキハロ第11回公演「戦国自衛隊」~女性自衛官帰還セヨ~/~女性自衛官死守セヨ~
10/1,2の公演を見てきました。
戦国自衛隊 死守セヨ戦国自衛隊 帰還セヨ
パッケージは超カッコイイ

また来たよBRAVA少なめのグッズ
BRAVAも随分と来たなぁ       かくありたい少なめのグッズ

戦国自衛隊という題材にある種の期待を持って望んだものの、期待値が高すぎましたw
しかし、ゲキハロという事を考えると、でっかい戦車のギミックや戦闘アクションなど雰囲気的には及第点かなと思いますます。
ベリキューをシャッフルさせて2つの劇を構成してます。2つはリンクもしておらず、別個で完結しますが、後味や内容の再確認を考えると2つとも見る方がいいですね。
詳細はマジヲタブログかなんかで確認願いますw

・帰還セヨ
内容は割愛しますが、戦国自衛隊の映画(千葉ちゃんのヤツ)をイメージすると全く違う雰囲気。「女性の生き方」をテーマにした演劇をベリキューを使ってゲキハロで表現したかった。女性の時代の違いを最も表すために女性自衛官という設定にしたって感じでした。
リアリティーはあまり無く、ご都合主義の話ですが、みんなの演技の上達が素晴らしく、超可愛い!!
勝野さんや新井さんや北条さんの迫力の演技はかっこいいし、そして一応ハッピーエンドなんでOKです!!!
主役は熊井ちゃんです。夏焼、須藤、菅谷、矢島、中島が出場メンバーで、定評のある菅谷や舞台経験が他より多い矢島は元より、みんな上達してました。感心しました。
コメディよろしく小ネタが結構多くて、熊井ちゃんが勝野さんに言う「わからずやのテキサスって言われちゃいますよ!」ってセリフが面白かったですw
今回めっちゃ良い席で見えたのですが、最後に菅谷が出てくるのは、あの子達だけに見えている幻でしょうね。「もしかして家康になったとか」に、菅谷の「そうそう」って言う声がはっきり聞こえましたしあの間違えたポーズがそのまんまです。
肩の力を抜いて見るには良かったです。

・死守セヨ
帰還セヨよりも戦国自衛隊って感じでした。
ベリキューを使って戦国自衛隊をしたかったから、女性自衛官という役柄をチョイスしたという感じでした。塩田さん好みの救いがない話は面白かったです。
やっぱりキャプが主役の話ですよねこれ。嗣永、徳永、鈴木、岡井、萩原というメンバーで構成されてましたが、メンバーの演技がすごい上達でした。特に徳永の演技が良くなっててびっくりです。マイマイは演技が上手い下手以前の問題。周りの上達と良い席で見てたので、それが更に分かりました。最後の挨拶で自身が語ってましたが、全全然足りないです。最近歌とダンスが良くなってきた事で私のマイマイ株が上昇してた事もあり、演劇でも意識改革をして欲しいと敢えて言いたいです。
若干の残念部分もありましたが、最後まで面白く見る事が出来ました。
説明不足のトコロはありましたが、リアル指向の設定やセリフ回しだし理不尽なトコは無かったのでOKです。その後を語らないのも余韻があって良かったです。
塩田ゲキハロでよく見る大人の麦茶や和泉や斉藤等の他の俳優さん。「らん」にも出ていた横山さんの立ち回りは格好良かったです。ちょっとした動きがかっこいい人が居るなと思ったら、中川さんはスーツアクターの人だったんですね。うーむ、もっと見ておけば良かった。
死守の方は、開演までのBGMにあの頃の角川映画や、アノ時代を彷彿させる曲が流れて雰囲気作りも良かったです。

それぞれの千秋楽なのでカーテンコールや挨拶が長めでしたが、昔の様なスタンディングオベーションは無かったです。
でも、劇的にはどちらも一生懸命さが良くて、最後まで楽しく拝見できました。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://steely.blog24.fc2.com/tb.php/768-984cbeed



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。